ミヒャエル・エンデ『モモ』を題材にしたシンポジウムが黒姫童話館で開催されました。

スキャン_20181107

先週11月3日に黒姫童話館にてミヒャエル・エンデの代表作である
「じかんどろぼうと戦う女の子『モモ』」をテーマに
「自分の時間を生きよう」というシンポジウムのトークセッションが開催されました。
https://momopj.jp/

ワークショップの始まる時間前、お客さまの対応ボランティアをさせていただきました。
関東方面より電車でお越しの25名程のお客さまをシンポジウムスタッフと共に黒姫駅で出迎え、
一茶記念館にてアイスブレーク&お昼、信越五岳の「飯綱・戸隠・黒姫・妙高」が望める
紅葉の素晴らしい、俳人一茶ゆかりの小丸山公園の赤黄色に染まる紅葉の下で、
いただく地産地消の「癒しの森弁当」はいつものも増して美味しく感じられました。
その後、会場である黒姫高原に移りプログラム開始まで間の30分程を
6名のお客さまと森へ、木々の香りや川の流れの音を感じていただきました。

午後のトークセッションのゲストのお話の中で、
「物語は、読み手が作るもの(想像する)、
大人になって読み返してみると自分の好きだった場面は、書かれていない。」なるほど~。
「大人たちは『灰色の男たち(じかんどろぼう)にやられている。
子供達を温室育ちにして自分で生きる力をつぶさないで欲しい。」
という言葉が印象的でした。

黒姫童話館にはミヒャエル・エンデの資料が、世界一収蔵されています。
季節ごとに展示内容も変わります。
エンデの物語が大好きだった大きな少年少女のみなさ~ん、
「じかんどろぼう」にやられる?前に自然豊かな
黒姫童話館そして「信濃町・癒しの森」にお出かけ下さい!

黒姫童話館      http://douwakan.com/
信濃町・癒しの森  http://iyashinomori.main.jp/


信濃町で「日中韓・森林空間における保養活動推進フォーラム」が開催されました。

10月16日黒姫童話館「童話の森ホール」にて日本、中国、韓国による
「森林空間における保養活動推進フォーラム」が開かれました。
癒しの森事業開始当初よりお世話になった農学博士・上原巌先生も
登壇され久しぶりに信濃町でお話をして下さいました。

20181016日中韓フォーラム上原先生

17日は、中国、韓国を含む約50名が森林セラピーを体験されました。
上原先生が当日の様子をご自身のブログに書いて下さいました。
https://blogs.yahoo.co.jp/ueharaiwao

東京都や長野市でなく信濃町にて3か国のフォーラムが開催された事は、
15年前より「森林セラピーの先進地」として仲間の皆さんで頑張って来た
ご褒美をいただいたような嬉しさと共に身の引き締まる思いがいたしました。

「森は誰でも同じように受け入れてくれる!」
森と一人でも多くの皆さんを繋いでいけるようにと、
更に精進を重ねつつ、皆さんと会える日を楽しみにお待ちしております。

オーケストラがやってくる【癒しの森®コンサートにお出かけ下さい!】

東京音楽大学が奏でる 癒しの森®コンサート (入場無料)

日時:平成30年8月26日(日) 開場/13:00  開演/13:30  閉演/15:30(予定)
場所:信濃町総合体育館 (〒389-1313 長野県上水内郡信濃町古間765-1)

コンサート8回

癒しの森®コンサートも
オーディエンスのみなさまと東京大学さまのお蔭をもちまして、
8回を数えることになりました。

今年も東京音楽大学シンフォニーオーケストラのみなさまに、
信濃町に演奏に来ていただきます。

体育館という音響設備のまったく無い空間ではありますが、
赤ちゃんからお年寄りまでが一堂に会し、
涼風と共に扉越しに入る鳥や虫の声も楽器の一つ?
アットホームで解放感のある会場にお客さまをお迎えしたいと思います。

毎年、楽しみにお越しいただくファンも徐々に増え、
お客さまの笑顔にお会いするのも会場スタッフの楽しみの一つになっております。

演目の中でも、ここ信濃町が誇る俳人「一茶」を題材とした、
   一茶さん/中野二郎(編曲:原島 篤史) 

「一茶のおじちゃん、一茶のおじちゃん、あなたの生まれはどこですの?」で始まる、
ここ信濃町では知らぬ人がいないくらいに小学校の頃に親しみを持って歌われた童謡です。
この曲を原島篤史さんが、癒しの森®コンサートのために東京音大在学中に
オーケストラスコアに編曲したものです。
目を閉じて聞き入ると信濃町の自然や四季と一茶の一生が音符に乗り
まるで走馬灯のようにあらわれるような壮大なシンフォニーです。
そして、ここ信濃町の癒しの森®コンサートのみで聴く事の出来る楽曲です。

「モーツァルト/交響曲第35番」そして「R.シュトラウス/交響詩作品30」とともに
「一茶さん」の演奏を楽しみに是非お出かけ下さい。

コンサート会場で、みなさまとお会い出来るのを楽しみにしております。

詳しくは、以下をご覧下さい。
      
癒しの森®コンサート特設ページ  http://iyashinomori.main.jp/concert

お問い合わせ・お申し込み 
信濃町 産業観光課内 癒しの森コンサート実行委員会事務局
TEL:026-255-3114(平日・直通)  FAX:026-255-4470
E-mail :shinanomachi.wlc@gmail.com






今春も見事な金色の絨毯

みなさん、こんにちは!

お天気に恵まれた連休、いかがお過ごしでしょうか?
昼間は例年よりも気温が高く、陽が沈むとうすら寒いような可笑しな陽気。
森の木々や花々もいつもと様子が違っているように感じられます。

しかし、ご心配無く、今年も御鹿湿原のリュウキンカの絨毯は健全です。

2018年4月27日

残雪の黒姫をバックに両側は白のコブシ。
御鹿池に向かう木道はどちらを向いても元気に金色に輝くリュウキンカの群落。
そして風にのって微かに匂いコブシの甘い香りが森へと誘います。

連休後半、若翠の美しい森へと是非お出かけ下さ~い

信濃町満開の春が来た!

みなさん、こんにちは!
いよいよ信濃町にもサクラ満開の春がきました 

コブシもタムシバも白く花をつけ、風に乗って微かに花の香りが森に漂い、
ニリンソウ、イチゲと可愛い花々のオンパレードです。
唐松も日毎に黄緑からみどりへと若葉に覆われます。

今週末は、花見日和、春爛漫の黒姫高原へ是非お出かけ下さい 

2018年4月21日町民の森
 
町民の森、町木のオオヤマザクラが満開です。(4月21日撮影)
画面奥に残雪の黒姫山が見えています。

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
プロフィール

newmoon

Author:newmoon
「新月プロジェクト」のブログです。

※新月プロジェクトとは、信州・信濃「癒しの森®」、森林メディカルトレーナーの会「ひとときの会(信濃町森林療法研究会)」女性メンバー有志の集まりです。

お帰りなさ~い 癒しの森へ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム