森林セラピー県ながの

DSC02530縮小

信濃町のある長野県は「森林セラピー基地・ロード」の認定が全国一で、
10ヶ所が受けており、信濃町はその中でも最初に認定を受けた森です。
  <全国一の森林セラピー県ながの>    
https://www.pref.nagano.lg.jp/ringyo/sangyo/ringyo/seibi/therapy/index.html

皆さんは「森林セラピー」という言葉を聞いたことは有るかと思いますが、
さて「森林セラピー」とは何なのでしょうか?
緑・森の中に入った時に感じる心地よさは誰もが経験した事があるかと思います。
この「森林浴(森を感じる。)」の効果についての化学的な解明が進んで、
それを心と体の健康に役立てて行こうという取り組みを「森林セラピー」と言います。
  さらに詳しくは「森林セラピーソサエティ」をご覧ください。
   http://www.fo-society.jp/therapy/index.html

言葉での説明は上記のようになりますが、
それでは、全くクリアーにならずに?マークが付くばかりかと思います。

森では「五感をふるに使いましょう。」とお客さまにご案内していますが、
「森林セラピー」とは、とても感覚的なものだと私は感じます。
みなさま、ご自身が森に入り、自然の中に身を置き、初めて分かる。
ゆっくりと呼吸をした時、身体の中から生き生きとしてくる感覚、
呼吸の気持ち良さを感じる。それが「森林セラピー」です。
みなさまに実際にみどり溢れる森で過ごし全身で感じて
変化に気付いたら「森林セラピー」という言葉を
広めていただき活かしていただきたいと思います。

さて先日、東京に出かけた折に新幹線の中に置かれているJRの雑誌、
特集は「山は招くよ、信州へ」個人的には「森は招くよ」として欲しいな!
 <JR東トランヴェール>
   http://www.jreast.co.jp/railway/trainvert/

さらに、有楽町の改札をでたところに、
JR大人の休日倶楽部の大きなポスターが貼られていました。
吉永小百合さんが緑の中で「森林ヨガ」をしている写真です。
  <JR 大人の休日倶楽部CM情報・「森林ヨガ」篇 >
   http://www.jreast.co.jp/otona/tvcm/nabekura.html

この森は、お隣の町「飯山市」の森林セラピー基地で撮影されたものです。
飯山市も早くから森林セラピーを観光に活かしているところです。
  <なべくら高原森の家>
   http://www.nabekura.net/asobu/therapy.html


信濃町の「森林セラピー」のプログラムにも「森でヨガ」があります。
個人のお客さまと新人研修の社員さまとさらにこの夏は、
林間合宿の高校生の皆さんのプログラムでも
「森林セラピーとヨガ」を一日の体験メニューとしてご一緒しました。
思ったよりず~と楽しかった!気持ちが良かった!寝ちゃいそうだった!
などなど、嬉しい感想をいただきました。

9月26日27日の「森を感じる休日」はヨガと森林セラピーにトレッキングです。
ヨガのお休みポーズ・シャバ―サナ(上向きで寝転がる。)では、
もれなく「緑のカーテン」にいやされることと思います。

次は、みなさんと9月の爽やかな森でヨガをご一緒したいな

尚、8月5日(土)は、黒姫童話前の芝で「あさYoga」します。
朝の気持ち良い高原の空気を感じながら、
太陽にご挨拶のポーズ「太陽礼拝」で一日を始めたいと思います。

DSC02131縮小

詳しくは、信濃町役場、産業観光課「商工観光・癒しの森係」へお問い合わせ下さい。
  電話: 026-255-3114 Fax: 026-255-4470

森林セラピー&森林メディカルトレーナーに関する・ご質問・ご依頼は
  WLC(しなの町 Wood-Life Community)
   TEL : 026-255-5925
   FAX : 026-254-8082
   E-mail : shinanomachi.wlc@gmail.com

童話の森コース

集中豪雨~台風と大雨の日が続きますが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

ここ信濃町も文字通り、バケツをひっくり返したような、
さらに言うならば滝のような雨が降ったりのお天気。

それでも、水を十二分に含んだ森は、
さらにみどりが際立ちますます元気に見えます。
マタタビの葉の白さが梅雨まっただ中を感じさせ、
時折の晴れ間を待ってましたとエゾハルゼミ、
そして「トッポジージョ」とキビタキなどの声が聞こえます。

さて、今日は素敵な写真をシェアさせて頂こうと思います。

いつも、みなさまと歩く「癒しの森」コースの中で一番人気、
「御鹿池コース」は「童話の森コース」に続きます。
その「童話の森コース」の由来とは多分、
黒姫童話館から歩きはじめることも有りますが、
まるで童話の中に迷い込んだような美しい森だからなのではと。
そこは、小さなアカネズミ、リスにウサギ、キツネにタヌキ、クマなど
可愛いものから大きな体の物までが生きられる豊かな森です。
私たちも住人達の仲間入り、お邪魔しますと挨拶しながら、
「森林セラピー」のひとときをみどりの中で過ごしています。

そんな御鹿池がドローンで撮影された航空写真です。

御鹿池ドローン2016

写真の中、この素敵な森をいつも歩いていると思っただけで、とても幸せな気分になりました

この夏、ぜひ、みなさんも童話の世界に迷い込みにいらして下さい


森林セラピー&森林メディカルトレーナーに関する・ご質問・ご依頼は

 WLC(しなの町 Wood-Life Community)
   TEL : 026-255-5925
   FAX : 026-254-8082
   E-mail : shinanomachi.wlc@gmail.com

森とは両想いに ♡

5月も終盤になってきました。
昨日までの雨模様に十分なシャワーを浴び
益々元気になった木々たちが皐月の空のもと気持ち良さそうに
そよ風にゆ~らゆ~らと揺れる様が子守歌のように心地良いです。

先週お会いしたお客さまとの会話に
レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」が出てきました。
レイチェル・カーソンを検索すると「感性の森」という映画がヒットしました。
http://www.uplink.co.jp/kansei/

主役のカナダ人女優さんは長年一人芝居で「センス・オブ・ワンダー」を続けてこられ、
それが、映画化になったようです。(2008年アメリカ)
その女優さんが素敵な言葉で人と自然との関係を伝えています。
自然と触れ合えば皆、自然と恋に落ちます。それこそが、地球を守る唯一の方法なのです。」
まったくその通りですね。



森に来て自然や木々と触れ合えば、森を愛さずにはいられなくなります。
そして、その思いが森に届けば森も私たちにエネルギーを送ってくれます。
愛してくれます。だから森とは両想いに成れるのです。

レイチェル・カーソンの言葉です。
「知る」ことは「感じる」事の半分も重要ではないのです。
「センス・オブ・ワンダー」そうです。センス(感覚)、五感で森を感じる。

信州・信濃町「癒しの森」へ自然に触れに感じにいらして下さい。

森は、木々の枝を腕のように広げ皆さんに会える日を待ち望んでいます

「しなの町 Woods-Life Community」
  TEL:026-255-5925
  FAX:026-254-8082
  E-mail:shinanomachi.wlc@gmail.com


森のアロマテラピー5月の香りを満喫!

私たち森林メディカルトレーナー(*)は、
お客さまをご案内する前に必ず森のコースを下見します。

黒姫高原・御鹿池コース(1.2km)、野尻湖畔・象の小径コース(1.5km)、
下見ならばどちらも1時間もあればさっと歩けるのですが、
風薫る5月の森、いつの間にか通常のご案内と変わらない・・・。
車に戻り時計を見て「え~!もうこんな時間」と
なんと自分に森林セラピーしちゃっている事に驚きです。


IMG_20170523_112451.jpg

昨日は、初夏を思わせるお天気。
湖面から吹き上げる風の心地よい「象の小径」を歩いてきました。
もう木々が覆いかぶさるように若葉のアーチ、トンネル状態です。
翠の湖面に映る緑の美しいこと、自然にため息が出ます。
このコースには3種類のクスノキ科の木があります。
この時期の香りの強さ順では、クロモジ>ダンコウバイ>アブラチャン、
少し枝を擦るとアブラチャンからは不思議なことに夏ミカンのような香りがしました。
まだ芽を出したての可愛い山サンショの葉をつまんでみるとこちらからは、
微かに桜もちの桜の葉の香りがします
他の季節では感じられない5月だけの香りかもしれませんね。

今日、「象の小径」をご案内した後、夕方に黒姫高原「御鹿池コース」を下見。
童話館よりの眺望は霧の中、コスモス園が今は菜の花畑に黄色の絨毯をしいたよう。
シラビソの新芽が黄緑色にフワフワ、つい触ってみたくなります。
新芽からはエネルギーに満ちたモミの木の香り、そしてイヌガヤも柔らかな葉から強い芳香。
どちらも深呼吸をしたくなる生命力に満ちた5月の香りです。
対岸からの御鹿柳、東屋、小さな島も全て池に映った緑がまるで一幅の絵のようでした。
そしてモリアオガエルの恋する季節到来、独特の鳴き声が森に響きます
みなさん、5月の森に来てみたくなったのではありませんか?

IMG_20170523_115429.jpg

信州・信濃町「癒しの森」はいつも変わらずにここにあります。
5月の森は本当にお勧めです

信州・信濃町「癒しの森」HP http://iyashinomori.main.jp/

 (*)森林メディカルトレーナー
  信州・信濃町認定の資格です。森にお客さまをご案内して、森とお客さまを繋ぐお仕事です。

森林メディカルトレーナーのご依頼に関しては
 「しなの町 Woods-Life Community」へお問い合わせ下さい。
  TEL:026-255-5925
  FAX:026-254-8082
  E-mail:shinanomachi.wlc@gmail.com


本日快晴*YOGA*日より

雲一つない5月の空に森の緑と残雪の妙高山、黒姫はじめ北信五岳が映えます。

からっとカリフォルニアチックなそよ風の吹く、良いお天気です。
童話館の芝生は、YOGAには、もう最高のロケーション

黒姫童話館  http://douwakan.com/

本日は、「森を感じる休日・森でヨガ」企画の初日のはずでしたが、
催行人数に達し無かった為に皆さんをお迎えすることが出来ませんでした。

宣伝など努力が至らずでした。
今後は、みなさまに十分にお知らせが届くよう努力したいと思います

とても気持ちの良い週末、
お出かけの際は自然の中みどりの木々の近くで
普段ちぢこまった身体を緩め、両肩をぐるっと回して力を抜いて、
胸をはって、ゆっく~りと深い呼吸をしてみましょう。
きっと身体が生き返ってくるのを感じられるはずです。

9月後半にもう一度「森でYOGA」を企画したいと思います。
その際は、是非、「信濃町・癒しの森」へお出かけ下さい。
森に抱かれてのディープブレスの心地よさを皆さんに感じて欲しいです。
9月のYOGA企画どうぞチェックをお忘れなきようにお願いします。

さて、お客さまからは「信濃町の一番良い季節はいつですか?」と
よくご質問をいただきます。いつもは「どのシーズンも。」とお答えしますが、
やはり春5月中旬は格別だなと思います。
窓から見える木々の葉が、丸まっていたものが、半日で開きみどりに輝く様が、
まるで早送りのフィルムのように見る事が出来ます。
そして、森を覆う生き生きとした緑に木々の息吹とエネルギーが感じられます。

今、同じご質問をいただけば、私は即「5月の森です。」と答えるでしょう。
5月の生き生きとした森に是非お出かけ下さい

癒しの森の宿・ペンションもぐ 
http://mogu.p1.bindsite.jp/


最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
プロフィール

newmoon

Author:newmoon
「新月プロジェクト」のブログです。

※新月プロジェクトとは、信州・信濃「癒しの森®」、森林メディカルトレーナーの会「ひとときの会(信濃町森林療法研究会)」女性メンバー有志の集まりです。

お帰りなさ~い 癒しの森へ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム